テーマ:多肉植物

雪波の花 in 2010

あけましておめでとうございます。今年も素晴らしい多肉植物と巡り合うことができますように! 現在、雪波(Faucaria candida)が開花中です。今日は全開している所を見られなかったので、この画像は12月29日に撮影したものです。 なんと雪波が咲くのは4年振りのことです。置き場を少し変えたので、日照が改善されたのかもしれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シンメトリカ

ユーフォルビア・シンメトリカ(Euphorbia symmetrica)です。 前から欲しかったのと、割と育て易そうだったのが決め手となり、サボテンと多肉植物展で購入しました。 ユーフォルビアは色んな形のものがあって面白いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテンと多肉植物展 in 2009

今年も、手柄山温室植物園の“サボテンと多肉植物展”に行ってきました。ちょうど祭りの日だったらしく、太鼓と掛け声が聞こえていて、いつもと少し違った雰囲気でした。 今年のテーマは斑入りや綴化など、色や形がめずらしいサボテン・多肉植物でした。ごく一部を紹介します。 翠晃冠錦(Gymnocalycium anisitsii f. var…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィシフォルメ~開花~

コノフィツム・フィシフォルメ(Conophytum ficiforme)が開花しました。1月15日の撮影です。 梅の花の様な芳香があり、香りを楽しむこともできます。 2009年もあっという間に一月過ぎてしまいました。 寒いとデジカメ撮影がはかどらないので、暖かい日が続いて欲しいものです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フィシフォルメ~つぼみ~

コノフィツム・フィシフォルメ(Conophytum ficiforme)に、つぼみが付いていました。12月20日の撮影です。 ここ数年、つぼみが付いていなかったので、花が咲くのが楽しみです。 去年よりも頭数が増えました。株分けした方が良いのかもしれませんが、鉢が増えるのが頭痛のタネです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青磁玉開花!

前回紹介した青磁玉(Lithops helmutii)が開花していました。12月13日の撮影です。 花で球体が見えなくなっているのが面白いです。 去年は残暑厳しい時期にリトープスを直射日光にさらしてダメにしてしまいました。順調に育っていると思っていたので非常にショックでした。 今年は涼しくなるまで半日陰に置き、水遣りを控え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コノフィツム開花 in 2008

今日、コノフィツム(Conophytum sp.)が開花していることに気付きました。何度見ても嬉しいものです。 去年も、ほぼ同じ時期に咲いていた様です。 さらに、青磁玉(Lithops helmutii)のつぼみを発見しました。開花が楽しみです。 P.S. 今月も思うように更新できませんでした…orz 来月こそは、週一…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アガベ~サボテンと多肉植物展 in 2008~

引き続き“サボテンと多肉植物展”の様子をお伝えします。 大きくて立派な“笹の雪(Agave victoriae-reginae)”、白いラインが美しいですね。 アガベは斑入り種になると見違えるほどに魅力が増す様な気がします。 “吉祥冠 白斑(Agave potatorum 'Kisshou-kan' variegata…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

王妃雷神 白中斑

鮮やかな白斑が魅力の“王妃雷神 白中斑(Agave potatorum 'Ouhi-Raijin' f. variegata) ”です。 “サボテンと多肉植物展”で購入しました。栽培スペースが限界に近いので、入手したのはこれだけです。 王妃と名前に付くアガベは、あまり大きくならない品種らしいので、自分にとっては好都合です。大きな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手柄山温室植物園~サボテンと多肉植物展 in 2008~

手柄山温室植物園の“サボテンと多肉植物展”に行ってきました。 今年のテーマは「食べられるサボテン」で、食用のウチワサボテン・ドラゴンフルーツ・アロエベラなどが展示されていました。去年のテーマの方が面白かったかも… 初めて行った時ほどの衝撃はなかったですが、思わず見とれてしまうほどに美しい株がたくさんあり、楽しい一時を過ごせました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ルンヨニー開花 in 2008

ルンヨニー(Echeveria runyonii cv. "Topsy-turvy")が今年も咲きました。 葉の形が個性的なエケベリアですが、花の形も複雑で存在感があります。 去年は花の後にワタムシが大量発生してしまって収拾がつかなくなったので、かなり先の方でカットして挿し芽しました。 今年は害虫が付いたら早めにスプレー剤…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パピラケア~新芽~

パピラケア(Avonia papyracea)の新芽が生えてきました。真ん中の丸いのがそれです。 たいして変化がない様な気がしていましたが、しっかり育っていたんですね。 去年の画像がこちらです。 日の当たる方向に傾くので、気付いたら回転させています。 意外と丈夫なので安心していますが、連日の暑さでどうなることやら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オブツーサ発芽 in 2008

今年発芽した“オブツーサ×大型オブツーサ”です。7月17日に撮影しました。 7月5日に種を蒔き、約一週間後に1つ目の発芽を確認しました。 もっと前に種を蒔いたのに、いまだに発芽していないものもあったりします。 なかなか思い通りには行かないものです。 親の組み合わせが悪かったのか、種が未成熟だったのでしょうか。 育て方は全く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒトデ襲来!?

蒸し暑い日が続いていて、多肉植物も人間もややバテ気味ですが、一部の夏型の多肉植物はいきいきとしています。 そのうちの一つ、スタペリア・スキチュラ(Stapelia scitula)が開花していました。動物っぽくて面白い質感の花です。 今年はたくさんつぼみがついているので、長い間花が楽しめそうです。 去年は11月に咲きました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

収穫~ハオルチア~

約一ヶ月前に人工受粉したハオルチアの実です。鞘の先が割れていたので、ハサミで切り取って収穫しました。6月21日の撮影です。 種は20個ほど入っていました。少し記憶が曖昧ですが、ネギの種子もこんな外見だった様な気がします。 今回の種子は、“大型オブツーサ”と“菊花の舞錦”を交配したものです。 収穫してから、すぐに種まきしまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もう一息!~吹雪の松~

現在、吹雪の松(Anacampseros rufescens)にたくさんつぼみが付いています。 晴れの日には、咲くかなと思って注意して見ているのですが、いつも完全には開きません。 最近、一番つぼみが開いた時の画像です。6月1日に撮影しました。 他の方のブログやホームページで、完全に開花している様子を見たことはありますが、やはり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サンバースト~綴化~

サンバースト(Aeonium urbicum 'Sunburst')の綴化種です。本日撮影しました。 ホームセンターに並んでいた小苗を、綴化だと気付かないで購入したものです。まさかこんな風に育つなんて… あまり背が高くならなかったので、結果としては良かったと思います。挿し芽とかはやり難そうですが… おまけ画像は、先日掲載し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

女王は今…

5月25日に撮影した断崖の女王(Sinningia leucotricha)です。最近、つぼみが付き始めました。 去年の秋頃に出た芽は、花を付けずに枯れてしまったので取り除きました。今生えているのは、今年の春に生えてきたものです。 今年の秋にはどうなるのでしょう。新芽が生えてきたら伸ばすしかないですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白衣ホリダ~赤刺~

白衣ホリダ(Euphorbia horrida)の新しい刺が伸びてきました。 赤くて印象的な刺です。下手なサボテンよりも立派だと思います。 根元から子吹きしているのを発見しました。色んな方向から生えているので、これがすべて成長すると凄い光景になりそうです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実生オブツーサ~その後~

去年の夏に種を蒔いた“オブツーサ×大型オブツーサ”、5月20日に撮影しました。 まだ約15mm程度の大きさしかありませんが、だいぶオブツーサらしくなっています。 植え替えた直後にうっかり強い日差しに当ててしまい、根腐れして半分ぐらいの数になってしまいました。運よく難を逃れたものが順調に育っているので救われています。 現在花の咲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恵比寿大黒~新緑~

“恵比寿笑い(Pachypodium brevicaule)”と“シバの女王の玉櫛(Pachypodium densiflorum)”との交配種、“恵比寿大黒(Pachypodium × densicaule)”です。約一年前に購入しました。 “恵比寿笑い”は高温多湿に弱いらしいのですが、“恵比寿大黒”は丈夫で育てやすい様な気がし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魔玉!?

以前に紹介したメセンの赤ちゃんの現在の様子です。 色合いが魔玉(Lapidaria margaretae)にそっくりになりました。緑色の丸い粒だったころの面影は消えてしまっています。 約3ヶ月前に撮影した画像がこちらです。元気のなかった方は消えてしまいました。 根が糸の様に細いので、植え替えの時に神経を使いました。今のとこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グラパラリーフ~開花~

グラパラリーフの花が咲いています。4月26日に撮影しました。 朧月(Graptopetalum paraguayense)の花とそっくりですよね。 育てれば育てるほど、朧月に似てきている様な気がします。 葉挿しをスタートさせた直後は、微妙に違った雰囲気だったのですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋麗~開花~

挿し芽したばかりで根が無いにもかかわらず開花した秋麗(Graptopetalum sp.)です。 デジカメが修理から戻ってきたので、試しに撮りました。無事に直っている様です。 三年以上前に購入したデジカメなのですが、リコール対象だったので無償でした。 買い替えるハメにならなくて良かったです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オブツーサ

4月6日に撮影したオブツーサ(Haworthia obtusa v. pilifera f. truncata)です。 成長点の付近から、ほんの少し花茎が覗いています。 現在、複数のハオルチアが花茎を付けています。チャンスがあれば交配するかもしれません。 以前、双子のオブツーサとして紹介したものの片割れです。 生育が良かった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千代田錦~2本出し~

先月紹介した千代田錦です。 ぐんぐん伸びてつぼみが膨らんだ花茎の根元から、2本目の花茎が生えています。 去年の秋に植え替えたので、体力がみなぎっているのかもしれません。 植え替えの時に土の中から見付かった子株も、だいぶしっかりしてきました。 白い斑点が、動物っぽくて可愛いです。千代田錦には、“タイガーアロエ”という別名も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花サボテン~白鯨丸~

一週間前に購入した“花サボテン”の白鯨丸が開花していました。 白鯨丸はレブチア属の宝山(Rebutia minuscula)の変種です。 宝山は、よく子吹きし、小さいうちから花を付けるそうなので、今から楽しみです。 約1週間前は、こんな感じでした。つぼみは、まだ固かったです。 花を楽しむためのサボテンのことを、“花サボテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コレクタ

ハオルチア・コレクタ(Haworthia correcta)です。3月30日に撮影しました。 幾何学的な美しい形で、窓には条理模様が入っています。 前から欲しかった多肉植物の一つでした。形が割と整っていて、お手頃な値段だったので購入を決意しました。 何の変哲もないコレクタですが、気に入っています。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雷童 with そっくりさん

最近購入した雷童(Delosperma echinatum)です。3月30日に撮影しました。 つぼみが付いているのをわざわざ選びました。開花が楽しみです。 よく見かける耐寒マツバギク(Delosperma cooperi)と同じデロスペルマ属の多肉植物です。 雷童を見て、何かに似てるなあと思いませんでしたか? そう、クラッス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グラパラリーフ~てんこ盛り~

鉢からこぼれ落ちそうなグラパラリーフに、花芽が付きました。3月30日の撮影です。 “グラパラリーフ”としてパック詰めされていた時には美味しそうに見えたのですが、今は食欲が湧きません。 花が終わったら、カットして形を整える予定です。その時余った葉は食べるべきでしょうか? メイプルシロップ、買いに行こうかな。 P.S. 桜…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more