テーマ:植物園

サボテンと多肉植物展 in 2009

今年も、手柄山温室植物園の“サボテンと多肉植物展”に行ってきました。ちょうど祭りの日だったらしく、太鼓と掛け声が聞こえていて、いつもと少し違った雰囲気でした。 今年のテーマは斑入りや綴化など、色や形がめずらしいサボテン・多肉植物でした。ごく一部を紹介します。 翠晃冠錦(Gymnocalycium anisitsii f. var…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サボテンの花~サボテンと多肉植物展 in 2008~

月が替わりましたが、“サボテンと多肉植物展”の報告を続けたいと思います。ちなみに、10月9日まで開催しています。 “烏羽玉(Lophophora williamsii)”、刺がないサボテンです。 “カルミナンサム(Gymnocalycium oenanthemum 'carminanthum')”です。カルミナンツムと書…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アガベ~サボテンと多肉植物展 in 2008~

引き続き“サボテンと多肉植物展”の様子をお伝えします。 大きくて立派な“笹の雪(Agave victoriae-reginae)”、白いラインが美しいですね。 アガベは斑入り種になると見違えるほどに魅力が増す様な気がします。 “吉祥冠 白斑(Agave potatorum 'Kisshou-kan' variegata…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

棘~サボテンと多肉植物展 in 2008~

“サボテンと多肉植物展”で展示されている、刺の立派なサボテンを紹介します。 王綾波です。綾波(Homalocephala texensis)の中で、特に幅広の刺を持つタイプらしいです。今回の展示中、一番美しいサボテンだと思いました。 “エリオシケ ロデオセントラ”、びっしり生えた刺が綺麗です。いくら検索してもヒットしませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手柄山温室植物園~サボテンと多肉植物展 in 2008~

手柄山温室植物園の“サボテンと多肉植物展”に行ってきました。 今年のテーマは「食べられるサボテン」で、食用のウチワサボテン・ドラゴンフルーツ・アロエベラなどが展示されていました。去年のテーマの方が面白かったかも… 初めて行った時ほどの衝撃はなかったですが、思わず見とれてしまうほどに美しい株がたくさんあり、楽しい一時を過ごせました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いきなり最終回~サボテンと多肉植物展~

“サボテンと多肉植物展”で印象的だった展示品を4点紹介します。今まで紹介した品種とは違ったタイプのものを選んだつもりです。9月8日に撮影しました。 “福俵”、短毛丸(Echinopsis eyriesii)の綴化種らしいです。成長過程を見てみたいですね。何がどうなっているかよくわかりません… “リプサリスの一種(Rhipsali…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

金鯱の花

今回は姫路市立手柄山温室植物園の常設展示の様子をお伝えします。9月8日に撮影しました。 大きな“金鯱(Echinocactus grusonii)”がずらっと並んでいました。家にある小さな金鯱と同じものとは思えません。圧倒的な存在感でした。 他の植物園の温室と比べると、それほど大きくないのですが、植物の状態はかなり良好だと感じました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サボテン②~サボテンと多肉植物展~

“サボテンと多肉植物展”、今回は群生しているサボテンを紹介します。9月8日に撮影しました。 精巧丸(Pelecyphora pseudopectinata)です。精密に細工された工芸品の様ですよね。 よく似た“精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)”という品種を二年近く育てていますが、まだ単頭です。接…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サボテン①~サボテンと多肉植物展~

“サボテンと多肉植物展”の報告は、まだまだ続きます。 今回は、欲しいと思っているサボテンの画像を掲載します。9月8日に撮影しました。 “翠冠玉(Lophophora diffusa)”です。フサフサの毛と、ふっくらした外観が魅力的です。 “四角鸞鳳玉(Astrophytum myriostigma v. quadricosta…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハオルチア~サボテンと多肉植物展~

姫路市立手柄山温室植物園で開催されている“サボテンと多肉植物展”の続報です。 今回は美しいハオルチアの画像を掲載します。9月8日の撮影です。 “コレクタ(Haworthia correcta)”、整った姿が美しいですね。(〃▽〃) プリプリの“オブツーサ(Haworthia obtusa)”です。家のオブツーサは、今の時期やや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そっくりさん~サボテンと多肉植物展~

9月8日、姫路市立手柄山温室植物園で開催されている“サボテンと多肉植物展”に行きました。 “サボテンのそっくりさん”という展示があり、サボテンと多肉植物が並べて置かれていました。ユーフォルビア属の多肉植物が多かったです。 ごく一部を紹介します。左がサボテンで、右が多肉植物です。 左が“極花殿(Echinocereus pental…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

手柄山温室植物園~サボテンと多肉植物展~

今日は“サボテンと多肉植物展”を見に、姫路市にある手柄山温室植物園に行きました。 ちなみに去年も行きました。その時の様子が知りたい方は、こちらをクリックしてください。ちょっと脱線気味ですが…(ノ´∀`*) 温室の入口には、サボテン・多肉植物が地植えされていました(ホントは鉢植えでした。鉢を目立たせない様にして、地植え風に見せていまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャーマンアイリス

京都府立植物園の“宿根草・有用植物園”の中で、一番目立っていたジャーマンアイリスの画像を紹介します。5月19日の撮影です。 色彩の豊かさと花の大きさが印象的でした。 “ジャム・セッション”です。 “リンゴー”です。 “テンプル・ゴールド”です。 “パシフィック・ミスト”です。 花菖蒲(Iris ensat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラディスカンティア

京都府立植物園の中にある“宿根草・有用植物園”も、お気に入りの場所です。 ツユクサの花が咲いていました。5月19日の撮影です。 オオムラサキツユクサ(Tradescantia virginiana)です。ホワイトベルベットの花もこんな感じです。 青紫の花が咲くタイプもありました。 P.S. トラディスカンティアな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

硬葉系 vs. 軟葉系

京都府立植物園で開催された“サボテン展”の様子を長々とお伝えしてきましたが、今回が最終回です。ユリ科の特集をしていたこともあり、立派なハオルチアが多く展示されていました。その中から数点の画像を紹介します。5月19日の撮影です。 ハオルチアは、硬葉系と軟葉系の二種類に大きく分けられます。 まずは硬葉系(葉が硬質で窓が無いタイプ)か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

百花繚乱~多肉植物~

京都府立植物園の“サボテン展”に展示されていた多肉植物の中から、花が印象的だったものを紹介します。5月19日の撮影です。 砂漠のバラ(Adenium obesum)です。一つか二つくらいの花が付いた株は見たことがありますが、ここまでたくさんの花を付けているのは初めて見ました。非常に華やかですね。 断崖の女王(Sinningi…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝石の塔~エキウム・ウィルドプレッティー~

京都府立植物園のバラ園の近くの花壇に、人目を惹く植物がそびえ立っていました。 ムラサキ科の多年草、エキウム・ウィルドプレッティー(Ecium wildpretii)です。 別名を“宝石の塔”と言います。5月19日の撮影です。 近くに寄ってよく見ると、花が無数に付いていました。 これだけ見事なものは、ここでしか見られない様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棘棘

京都府立植物園で開催された“サボテン展”に展示されていた、トゲの立派なフェロカクタス属のサボテンを紹介します。5月19日の撮影です。 白鳥丸(Ferocactus acanthodes var. albispinus) 王冠竜錦(Ferocactus glaucescens f. variegata) 鯱頭(Fero…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花花

京都府立植物園で開催された“サボテン展”の続報です。 今回は花が咲いていたサボテンを紹介します。5月19日の撮影です。 コマラぺンセ(Gymnocalycium comparapense)、整った形が美しいです。見る度に惚れ惚れとします。さすが金賞だけのことはありますね。 この手の彫りの深いサボテン、結構好みです。うちでも天賜…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サボテン展~京都府立植物園~

5月19日、京都府立植物園に“サボテン展”を見に行きました。その時の画像を紹介します。 入賞作品は素晴らしい株ばかりでした。 花牡丹(Ariocarpus furfurceus)です。このタイプのサボテンもほしいなと思っているのですが、生長が遅くて高価なので購入に踏み切れません。 ピリフェラ錦(Haworthia co…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

薔薇の花~京都府立植物園~

今日は、京都府立植物園に行ってきました。植物園では今、バラの花が綺麗に咲き誇っています。 “プリンセスマーガレット”、1963年カナダで作出された四季咲き大輪種(HT系)です。 “焔の波”、1967年日本で作出された四季咲き蔓性種(CL系)です。 “アイスバーグ”、1985年ドイツで作出された四季咲き中輪房咲き種(FL系)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アガベ

立派なアガベ(Agave)です。4月21日に撮影しました。咲くやこの花館の“サボテン&多肉植物展”の展示です。 2点とも、整った姿が大変美しいです。見事としか言いようがありません。 こんな立派な株は、眺めているだけで満足です。自分で育てたいとは思いません。 こんなのが家にあったら、側を通る度にヒヤヒヤします。葉先やトゲが鋭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レウイシア・コチレドン

咲くやこの花館の高山植物の常設展示にも、多肉植物があります。 レウイシア・コチレドン(Lewisia cotyledon)の花が咲いていました(4月21日撮影)。 レウイシアはホームセンターでもよく見かけます。スベリヒユ科の多肉植物です。 高山植物室は、クーラーの効きすぎた部屋みたいに少し寒いですが、面白い植物がたくさんあるの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

多肉植物

咲くやこの花館の常設展示の多肉植物を紹介します。4月21日に撮影した画像です。 胡蝶の舞(Kalanchoe laxiflora)の花が咲いていました。エンジェルストランペットのミニチュアみたいな花ですね。 青珊瑚(Euphorbia tirucalli)、またの名を“ミルクブッシュ”と言います。茎に傷を付けると白い汁が出てきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見緑地駅~花ずきんちゃん~

大阪市営地下鉄鶴見緑地駅の壁には、“花ずきんちゃん”のタイル画があり、訪れた人の目を楽しませてくれます。 “花ずきんちゃん”は、応募総数9603点の中から選ばれた蔵前侑吏恵(くらまえゆりえ)さんのデザインを、故・手塚治虫先生が監修してできたキャラクターです。タイル画は10点ほどあるのですが、その中から1点だけ紹介します。 駅を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モロッコに咲く藤の花

花博記念公園鶴見緑地の国際庭園で4月21日に撮影した画像です。 モロッコのコーナーに藤棚があり、見事に咲いていました。 美しい紫色の花が印象的だったのですが、どうしてモロッコなのかが不明です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鶴見緑地公園の花々

4月21日に撮影した花博記念公園鶴見緑地の画像を紹介します。1990年に、この場所で国際花と緑の博覧会が開催されました。咲くやこの花館も当時建てられたものです。 花でいっぱいのコンテナが、色々な場所に置かれていました。 どの花壇も花でいっぱいでした。 芝桜が満開でした。 国際庭園と呼ばれている場所で撮った画像が主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジェルストランペット

咲くやこの花館の画像(4月21日撮影)を紹介します。エンジェルストランペット(Brugmansia sp.)は、ほぼ年中開花しているらしいです。 ナス科の植物独特の形の花が、天井からたくさんぶら下がっています。細長くて真下を向いている様子が、ラッパを吊り下げているみたいで面白いです。 下からのアップです。 今日、ホーム…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

サボテン

咲くやこの花館(4月21日)の続きです。今回は、常設展示のサボテンの画像を紹介します。 “碧瑠璃鸞鳳玉(Astrophytum myriostigma var. nudum)”です。ランポー玉は幾何学的な形をしている所が気に入っているのですが、暴れている姿も迫力ありますね。形態の異なる品種が、たくさん作出されています。白点のある普通の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エーデルワイス

エーデルワイス♪ エーデルワイス♪ 音楽の時間に歌ったことがあるので名前だけはよく知っていたのですが、実際どんな花なのかについて全くイメージがありませんでした。ブラジリアン・エーデルワイスなら家にありますが… 咲くやこの花館の高山植物の展示の中に、エーデルワイス(Leontopodium alpinum)があります。ここに来るのは初…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more