サボテンの花~サボテンと多肉植物展 in 2008~

月が替わりましたが、“サボテンと多肉植物展”の報告を続けたいと思います。ちなみに、10月9日まで開催しています。

“烏羽玉(Lophophora williamsii)”、刺がないサボテンです。
画像


“カルミナンサム(Gymnocalycium oenanthemum 'carminanthum')”です。カルミナンツムと書いてあるサイトもありました。外国語の読み方は難しいですね。
画像


“良寛(Gymnocalycium chiquitanum)”、たいへんありがたい名前です。粗末に扱うと罰が当たりそう…
画像


植物園の常設展示のサボテンの中にも、花が咲いているのがありました。
英冠丸(Eriocactus magnificus)、大きくて美しい花でした。
画像

その他、金鯱(Echinocactus grusonii)の花も咲いていましたが、前回紹介したので省略します。去年の記事はこちらです。
鉢植えとは違った、ちょっぴり原産地っぽい雰囲気を味わうことができるのが、植物園の魅力です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Aloha_HulaGirl
2008年10月04日 00:39
やっぱり、花が咲いている姿は良いですネ!!
どれも可愛い花で、羨ましい♪
Oniku
2008年10月04日 09:07
花が咲くとイメージが変わりますよね。
地味なサボテンほど派手な花を咲かせる
様な気がします。
こんなのを見るとサボテンを集めたく
なってしまいます。

この記事へのトラックバック