アガベ~サボテンと多肉植物展 in 2008~

引き続き“サボテンと多肉植物展”の様子をお伝えします。

大きくて立派な“笹の雪(Agave victoriae-reginae)”、白いラインが美しいですね。
画像


アガベは斑入り種になると見違えるほどに魅力が増す様な気がします。
“吉祥冠 白斑(Agave potatorum 'Kisshou-kan' variegata)”です。白覆輪と呼ばれるタイプだと思います。
画像


“マクロアカンサ錦(Agave macroacantha variegata)”です。
画像


斑入りの“乱れ雪(Agave filifera)”です。
画像


多肉植物を育て始めたばかりの頃は、アガベには興味がありませんでした。
この手のイベントの展示品を眺めるうちに、アガベの魅力に気付いた様な気がします。現在、2種類だけ育てています。
先端にある鋭い刺は美しいのですが結構危険です。家にある小さな株も、隣の多肉植物に突き刺さったりしています…


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

Aloha_HulaGirl
2008年10月01日 02:02
どれも、それぞれ素敵なサボ&多肉ちゃんですネ♪
実物見たら、興奮しそ~

急に寒くなってきて、夏の間外に出していた多肉チャン達を、家の中に入れるか悩み中です。

Oniku
2008年10月01日 09:19
活き活きした株を見ると
こちらまで元気になります。
枯れそうなのを見ると
耐寒性の弱いものでも、10℃くらいまでは
平気です。
品種によって違うかもしれませんが…

この記事へのトラックバック