棘~サボテンと多肉植物展 in 2008~

“サボテンと多肉植物展”で展示されている、刺の立派なサボテンを紹介します。

王綾波です。綾波(Homalocephala texensis)の中で、特に幅広の刺を持つタイプらしいです。今回の展示中、一番美しいサボテンだと思いました。
画像


“エリオシケ ロデオセントラ”、びっしり生えた刺が綺麗です。いくら検索してもヒットしませんでした。“Eriosyce rodentiophila”というのはありましたが…
画像


紅鯱(Ferocactus cylindraceus 'rubrispinus')、赤い刺が印象的です。
画像


今回紹介したサボテンは、どれも健康的に育っていました。こんな風にサボテンを育てられたら嬉しいだろうな~と思います。
でも、こんな立派なサボテンを実際に手に入れたら、植え替えの度に憂鬱になりそうです。この手のサボテンは見るだけにしようと思っていますw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック