SUCCULENT DAYS

アクセスカウンタ

zoom RSS エーデルワイス

<<   作成日時 : 2007/04/23 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

エーデルワイス♪ エーデルワイス♪
音楽の時間に歌ったことがあるので名前だけはよく知っていたのですが、実際どんな花なのかについて全くイメージがありませんでした。ブラジリアン・エーデルワイスなら家にありますが…
咲くやこの花館の高山植物の展示の中に、エーデルワイス(Leontopodium alpinum)があります。ここに来るのは初めてではないのですが、ほとんど記憶に残っていませんでした。展示がたくさんあるので見過ごしてしまっていたのだと思います。花びらのように見えるのが苞葉(ほうよう)で、黄色い部分が花らしいです。
画像

歌になるほどの花なのに、実物はそれほど綺麗ではないような…と思っていたら、野生のエーデルワイスに関する記事を見つけました。野生の方が整った形をしているような気がします。大変美しいです。
多肉植物も、自生地で見るとまた違った魅力があるだろうなと思います。野生のサボテンなどは、栽培したものよりトゲが立派らしいです。いつか自生地を訪れてみたいです。一度行ったら帰りたくなくなるかもしれませんw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エーデルワイス紀行
先の記事に書いたとおり、エーデルワイス(Edelweiss)は、その抜群の知名度にも関わらず、実際に野生の花を見ることの稀な花です。アッゲンシュタイン山には2度登りましたが、その素晴らしい眺望や色とりどりの高山植物の花々、なにより登頂できたという満足感で、「エーデルワイスなんて見なくても、もう十分!」という気分でした。それでも最終的に山頂で、エーデルワイスに出会うと、その凛とした高貴(Edel)な白い(Weiss)姿に、心打たれたのでした。 ...続きを見る
ドイツ音楽紀行
2007/04/25 06:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
エーデルワイス・・・野生の方がモケモケ
した葉の質感を感じとれますね。
やはり高山の自然の中で育つと気候に対応
するような素材となるのでしょうか?
色も野生の方が鮮やかに感じます。
同じ花なのに不思議です♪
oko
2007/04/24 22:05
不思議ですよね。園芸品種の方が立派な種類も結構あるのに…
野生のエーデルワイスには気品を感じます。
Oniku
2007/04/24 22:52
初めまして。リンク&TBありがとうございました。
私も野生のエーデルワイスに出会うまでは、歌詞の言わんとすることが今ひとつピンときませんでした。
こちらでも鉢植え等のエーデルワイスも見かけますが、形は激しく崩れたものが多いです。不思議ですね。
フンメル
2007/04/25 07:08
フンメルさん、コメントありがとうございます。タイプミスの件では失礼しました。あなたのブログを見付けなければ、エーデルワイスの気高さを知ることはなかったでしょう。本当にありがとうございました。
Oniku
2007/04/25 07:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ランキング

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物・サボテンへ ランキング参加中です。1日1クリックお願いします♪  

SUCCULENT DAYS

  • SUCCULENT DAYS HP

  • BlogPeople

    多肉なPeopleへの最新トラックバック10件です♪

    サイト内検索


    エーデルワイス SUCCULENT DAYS/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる